お散歩の練習♪ジョージ

糸島クラフトフェスタに出かけました♪

子犬は屋外に散歩に出かけると何にでも興味を持つ傾向があります。例えば道路に落ちているもの(枯葉やごみなど)を口に入れることもあります。お散歩の途中に出会う人や犬、他の動物などもそうです。また車の通りの激しい道路の騒音(救急車のサイレン音、バイクの騒音など)に反応することが傾向としてあります。

子犬のお散歩を本格的にする前に短時間でもよいですから子犬に飼い主と一緒に歩くんだよ…ということを教えるトレーニングをすると良いと思います。散歩は子犬が行きたい方向ばかりではなく飼い主が行く方向についてこさせるようにするためにもお散歩をするトレーニングをして出かけるようにしてみたらいかがでしょうか♪

足元で寛ぐジョージ♪

子犬のお散歩に出かける前に自宅の庭や公園などで子犬に飼い主と一緒に歩いているということをしっかり自覚させて子犬に安心感を与えることが大切です。散歩中に遭遇する子犬が興味をもったり、逆に怖がったりするときにもいつも飼い主と一緒に歩いていることを子犬に理解させておけば子犬は飼い主に頼って安心して屋外に出かけられるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください