丁度良い塩梅♪山本ウィル君


山本ウィル君(生後4ヶ月齢)


山本さんご家族へしつけ指導

 

2018年4月27日に母犬ベローナ(英国ラブラドール)が、出産した子犬のウィル君(正式名ウィリアム)のしつけ指導のため飼い主の福岡県の山本さん宅にお伺いしました。

 


人に飛びつかない、しつけ(1)


人に飛びつかない、しつけ(2)

 

飼い主さんは自分の子犬の性格(性格の特徴、長所、短所、好き嫌いなど)を一緒に暮らし始めてから少しづつ把握すると良いでしょう。まずは子犬の性格や特徴を把握することがスタートです。そして繰り返し忍耐、愛情を忘れずに子犬と向き合ってください。

 


一緒に歩く(1)


一緒に歩く(2)


一緒に歩く(3)

 

飼い主さんは自分の子犬の性格(性格の特徴、長所、短所、好き嫌いなど)を一緒に暮らし始めてから少しづつ把握すると良いでしょう。まずは子犬の性格や特徴を把握することがスタートです。そして繰り返し忍耐、愛情を忘れずに子犬と向き合ってください。

 


お利口さん体操

 

子犬が両親犬から受け継いだ性格・資質も、飼い主の「しつけ方」で180度違う表現の子犬になってしまいます。人間でもそうですが完ぺきを求めすぎたり常に一緒で行動を干渉すぎると窮屈で一緒に暮らすことが楽しくなくなります。「しつけ」は、ほどほどの丁度良い塩梅が大切です。(ただし、子犬の行動を過度に許し、「しつけ」を放任してはいけません)

 


一緒に食卓に参加する


食卓の傍で寛ぐウィル君

 

山本さんご家族も、時が過ぎ振り返った時には、子犬の「しつけ」に苦心しながらも一緒に乗り越えた思い出は、飼い主にとって愛おしい思い出になることでしょう。

 


山本さんご家族とウィル君

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です