初めてのすべり台♪ビル君

樋口ビル君(生後6ヶ月になったばかり)
2018年9月8日誕生(お父さんソロモン×お母さんガーネット)

 

先日、長崎県の樋口様のお宅に去年の11月にお迎えになったビル君(生後6ヶ月)の訪問トレーニングでお伺いしました。

長崎の町は、路面電車が走りとても情緒豊かな風情があります。ビル君もこの路面電車の走る町で健やかに成長していました。

ビル君のように生後6ヶ月になると屋内外のしつけの基本をしっかり本格的な時期に差し掛かります。タイミングよく樋口さんからしつけ相談をお受けしたのでグッドタイミングでした。

 

路面電車の走る街

 

しつけの基本は、家族で同じコマンド、同じしつけを共有しなければなりません。樋口さんご家族が皆さん揃ってビル君のトレーニングの方法を学ばれたのでとても良かったと思います。

さてこの月齢になると、時間的に余裕がある時には室内でも一緒に行動するしつけをして下さい。自宅、室内が屋外に出かけて散歩などをする時のしつけの基本になります。例えば勝手にソファーに上に上がらないようにする、テーブルに足をかけたりしない。

家族が食事をする時には傍で大人しくしているなどです。
またお散歩などで出かける時にもドアの前では指示があってから出入りするなどのしつけをすると日常的にも屋外でしつけの応用ができるでしょう。

 

室内でのレクチャー

 

ソファーには上がらないように

 

食事中は傍で大人しく

 

さてお散歩は、一緒に並んで気持ちを一つにして歩く。そして散歩中に出会う犬や人や興味を惹かれるものに対しては飼い主が愛犬を集中させなる練習を繰り返し継続することが大切です。

今回は公園の滑り台の階段を利用して、樋口さんがビル君と階段の昇降の練習をしましたが、思ったより上手にできました。そして樋口さんとビル君の初めての滑り台を見る事も出来ました♪

樋口さんのお宅にお伺いしてのビル君のトレーニングは、とても充実したものでした。ビル君は、真綿が水を吸収するように教えたことをあっという間に吸収し驚くほどお利口さんでした。

現在のビル君は成長の段階で、しつけの分岐点だったように思います。これから続けてビル君の良い所は伸ばし、短所は改善し、しつけを楽しむと良いと思います。

これからのしつけでビル君の将来がとでも楽しみです♪

 

屋外での歩行

 

公園でのレクチャー

 

お兄ちゃんとビル君

 

お姉ちゃんとビル君

 

お母さんとビル君

 

お父さんと段差の昇降

 

 

お父さんと初めての滑り台

 

樋口さんご家族

樋口ビル君のお手紙はこちらから>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です